banner

苦労するもの

株式会社を設立するのに苦労するものです

自分で会社を作りたい、株式会社を設立してみたいという夢は誰しも少なからず人生で一度は思い描いたことがあるでしょう。そして実際その夢が実現するために、会社設立のための手続きを行い、自分の会社を実際に作ってみようとやってみた方もおられるでしょう。

株式会社を作ったことがある人にその手順を教えてもらったり、またはそれを専門業務にしている方の指導・アドバイスを受けて株式会社をたててみようと思って、実際やってみると理想と現実とではこんなに違うのかと思うぐらい苦労があるのです。

確かに今では株式会社の作るために資本金としてお金を用意する必要はありません。 1円からでも始めることができるのですが、それでも設立のための費用として、会社を始めるための準備金は、ある程度必要となってきます。その資金を集めるために、いろいろな人から、お金を借りたり、銀行から融資してもらったりして資金を集めなければいけないことっていうのはたくさんあるのです。

またそれだけで終わるのではありません。得意先になるところに会社を始めるという手紙を送ったり、実際に直接あって挨拶しに行ったり、その他会社の設立するためには実に様々なことをしなければならないのです。

つまり形式的な手続きでは、それをきちんと行ってさえいれば会社はできあがるのですが、実質的には見えないところで本当に様々な努力が必要なのです。途中で本当にしんどくなって、会社を立てようとすること自体が疲れてしまうという人もたくさんいます。

しかしだからこそ、株式会社を設立したときに本当に涙が出るほど嬉しいものです。その苦労を知っているからこそ、会社を作った経験のある人たちや得意先がこれからその会社が発展していくための努力を惜しまないのだと思われます。
会社を作ってみてはじめて、世間の会社の社長たちや先人たちがいかに努力してきたか、その会社を大きくしたかということもよくわかってくると思います。

またそのような手続きに携わることができるのは本当に幸せなのです。色々なことを大変だと思うのではなく、あくまでこれから自分が会社を運営していくことに対しての糧だと思い、しっかり勉強していけば良いと思われます。会社を立てるまでの努力もさることながら、会社を立てた後の苦労もまた出てくると思いますが、最初大変な思いをしたことは、必ず将来会社を経営していくうえで役に立つものだと思い信じて頑張れば良いと思います。

Copyright(c) 2014 会社設立をしていくうえで、何が懸念事項となるのかAll Rights Reserved.