banner

創業融資を利用

株式会社の設立後に創業融資を利用するメリット

株式会社を設立するのは、手続きとしてはそれほど難しいことではありません。業者を使えば、数週間くらいで完了しますから、必要な資金さえ準備できればすぐにでもできるでしょう。株式会社ができあがってから、それを維持したりあるいは成長させたりするほうが難しいと考えられます。経営者としてもっとも頭を悩ませるのが資金繰りでしょう。

取引先と契約ができて、売上の予測がある程度は立ったとしても、当面の資金が不足することはよくある事です。このようなときに融資を受けることができれば良いのですが、設立したばかりの株式会社に対して融資を行ってくれる金融機関はほとんどないでしょう。高金利の貸金業者なら利用できる事はありますが、不利な条件で借りざるを得なくなります。例えば、10%を超えるような高い利率で借りなければならない場合もあります。

このような状況でも借り入れのできる制度として、日本政策金融公庫の創業融資があります。まだ社会的な信用力のない株式会社にでも融資を行ってくれます。民間の金融機関よりも有利な条件で借りることができる場合が多いです。そもそも借りることができるだけでも有利なのですが、民間の金融機関よりも条件が有利な場合が多いのですから、メリットは非上位大きいと考えられます。

ただし、条件は色々あります。あくまでも国の政策の一環として提供されているのですから、政策とかけ離れたものであれば借りることはできません。例えば、雇用の創出を伴う事業であれば借りることができます。

現在の日本は景気が後退する局面にあり、雇用が問題となっています。ですから、正社員としての雇用を増やすことは重要な事だと言えるでしょう。正社員としての雇用を伴う事業であれば国の政策に一致しますから、創業融資を受けることができる場合が多いです。

他にもいろいろな条件があって、それぞれのケースで借りる事のできる金額は異なりますが、最大で7,200万円まで借りることができます。設備投資や運転資金として使うことができますから、大きな設備投資を必要とする事業を行うためには適しているでしょう。

借り入れをするときには利率も気になるところですが、条件によっては化なり低い利率で借りる事もできます。信用力のない株式会社なら、民間の金融機関で借り入れをしたときには高い利率で借りなければならないことが多いのですが、これに比べれば低い利率で借りることができますから、融資としては有利です。

Copyright(c) 2014 会社設立をしていくうえで、何が懸念事項となるのかAll Rights Reserved.