banner

Archive for the ‘最近の投稿’ Category

株式会社で不動産管理業を

2014-06-18

株式会社を設立して不動産管理業を展開していく方法

近年では資本金の下限なども撤廃されている状態で、比較的お金を掛けずに株式会社を設立することが可能になりました。しかし、株式会社を設立する際には、煩雑な手続きを必要としていて、少しの諸経費が必要です。

この点に関してはプロの専門家に依頼をすることによって、不具合などを解消することができます。株式会社を設立する方の場合では、各々目的というものを持っていることになりますが、その中でも不動産管理をメインとして行うことを希望されている方も存在しています。

最初の段階では個人事業として展開することも可能とされているのですが、初めから株式会社を設立することによって、社会的な信用度というものを得ることができ、事業をスムーズに行うことができるメリットを持っています。

不動産管理業で初めに必要とされている内容としては、アパートやマンションなどを所有しているオーナーを見つけることが先決になります。
一般的には新築物件として建てられた新しい物件に関しては、既に管理会社が用意されている傾向にあるために、後発として事業展開するためには、各物件を調査しておくことが必要になり、築年数が2年目以降の物件を対象とすることが基本とされています。不動産業界の場合では、一つの物件に対して複数の不動産会社が仲介業務を行っているものを目にすることができますが、管理をしている会社は通常では1社になるために、業界内では常に物件の取り合いが実施されています。

管理をしていく上で、不具合やトラブルなどが頻発に発生してしまった場合では、せっかく取得した管理物件でも他社に取られてしまう可能性が高くなるために、新規物件を取得することに集中するだけではなく、しっかりとした管理体制を整えることが求められています。

具体的には入居者からの連絡などが入る場面が多々あります。例えば水道の水漏れに関する内容や、共用部分に置かれたゴミ、駐輪や駐車に関するトラブルなどがありますが、どのような内容であってもできるだけ早期に解決することによって、トラブルを最小限に抑えることができます。

また、一般的には管理会社では定期的に物件の清掃作業なども引き受けているものになるために、物件の管理の他にも清掃を担当する社員などを用意することも必要です。

さらに、家賃の回収業務を行うことも必要とされているために、回収に関する知識も身に付けることが大切になります。株式会社として発展させるためには将来的には自社物件などを用意して、広く展開する方法も用意されていて、資本金などを増やしていくこともおすすめになります。

Copyright(c) 2014 会社設立をしていくうえで、何が懸念事項となるのかAll Rights Reserved.