banner

現物出資のメリット

株式会社を設立するときに不動産を現物出資するメリットとは

株式会社を設立するときには、通常は株式の購入代金を支払うという形で出資を行います。例えば、1,000万円の資金を集めるのなら、1株が10万円の株式を100株発行し、そしてその株式を購入してもらうことによって1,000万円を調達することになります。これで資本金が1,000万円の株式会社を設立することができます。

資本金が大きければ、それだけで信用力が得られるという点には注意しておかなければなりません。例えば、借り入れを行うときには審査が行われますが、この時に資本金の情報は必ず確認されます。他にも、取引相手を判断するときにも用いられます。会社法が施行されたことによって、資本金の規制がなくなったために、例えば資本金が1円でも株式会社を設立することができます。

しかしながら、資本金が1円の会社と取引したいと思わないのが現状で、大手企業と取り引きをするときには、やはり一定以上の資本金は必要となります。また、許認可の必要な事業を行うときにも、一定の資本金は必要となります。ですから、やはり資本金は大きければ大きいほどよいのです。

とは言っても、出資する資金があまりない場合もあります。このような場合には、現物出資によって出資することができます。すでに保有している何らかの資産を出資することができますし、その評価額が出資金額となり、資本金に加えられます。こうすることによって、キャッシュがあまりなくても資本金を増やすことができるというメリットがあるのです。

例えば、不動産を所有している場合には現物出資をすることができます。不動産の価値によっても異なりますが、それなりの評価を得ることができるでしょうから、資本金を一気に増やすことができるでしょう。ただし、コストがかかることも知っておかなければなりません。

具体的には税金が発生します。現物出資をすれば、不動産は個人の所有物から株式会社の所有物へと変わります。一旦売却したものを株式会社が購入するのと、ほぼ同じ意味を持ちます。ですから、売却した時点で売却益が発生すれば出資者は利益に対して税金を支払わなければなりません。また、株式会社は新たに取得したことから取得税を支払うことも必要となります。そのほか、登記にかかる費用などもかかりますから、事前にこれらの金額を把握しておくことは必要です。これらのコストを支払って資本金を増やすべきかどうかを良く検討するべきでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立をしていくうえで、何が懸念事項となるのかAll Rights Reserved.